劇団Radishとは?


劇団Radishは、東京大学教養学部学友会に所属し、駒場キャンパスを中心に活動する演劇サークルです。

劇団Radishは「すべての人に、演劇を。」をモットーにしています。
Radishの訳は「かぶ」または「だいこん」。
「大根役者」というと、「だいこんはどこで切っても味が同じでつまらない」ことから、芝居の下手な役者を指します。
しかし、だいこんは何に合わせても周りの味を染み込ませて、どんどん美味しくなっていくもの!
演劇経験者も未経験者も、どんな人でも自由に演劇を楽しむ、というコンセプトで結成されたのが、劇団"Radish"です。

劇団Radishでは、「誰もが自由に演劇を楽しむ」という結成当初の目標通り、観る側も演じる側も素直に楽しめる、エンターテイメント性の強い作品を多く上演しています。
どんな人にも気軽にお楽しみいただけるというだけでなく、作る側も楽しく一生懸命に創ることができ、その楽しさと喜びがお客さんにも伝わる、そんな演劇を目指しています。

主宰あいさつ


初めまして。劇団Radish主宰の大久保です。

演劇って、役者だけでも、演出だけでも、脚本家だけでも、裏方だけでも成立しなくて、みんなが力を合わせてようやくひとつの作品ができるし、いろんなセクションがあるから自分なりのかたちでやりたいことを実現できるのが大きな魅力だと思います。特に劇団Radishは少人数であるため入ってすぐに公演にかかわれますし、興味や個性に合わせて好きなことができる環境があります。
あなたのアイデアで公演がおもしろくなるんですよ。ちょっとわくわくしませんか?

劇団Radishでは随時入団が可能です。新歓体験会や、通常稽古の見学を通して雰囲気を知っていただけたら嬉しいです。興味を持っていただけたなら、ぜひお気軽に、遊びにきてください。

あなたは、今まで演劇をやってきた!大学で演劇をやりたい!という方でしょうか。それとも、演劇なんて初めて!大学で新たなことに挑戦したい!という方でしょうか。
舞台に立ちたい!という役者志望の方でしょうか。裏方として自分の個性を発揮しながら舞台を作り上げたい!というスタッフ志望の方でしょうか。はたまた、何をやりたいかは決めていないけれど、とりあえず演劇に興味がある、演劇にたずさわりたい、という方でしょうか。
劇団Radishのモットーは「すべての人に、演劇を。」入団条件はただ一つ、演劇をやりたいという意志があること、それだけです。
劇団Radishには個性豊かなメンバーがそろっていてそれぞれが様々な背景、価値観をもっていますが、わたしたちの劇を観にきてくださるお客様に楽しいひとときをご提供できるように、そのためにまずわたしたち劇団員自身が楽しめるように、日々励んでいるのはみんな同じです。それぞれのできることを生かして、支え合って毎回の公演を作りあげています。

最高の舞台を、いっしょに作り上げてみませんか。

劇団Radishの成り立ち


>> 過去公演記録はこちら

2000年
文三劇場(駒場祭での演劇祭企画)への参加を目指して結成された有志団体が "劇団Radish"でした。
当初、公演はその一回限りのつもりだったようです。
しかし、公演の好評を受けて翌年以降もメンバーが集まり、年に一度、文三劇場での公演を重ねていきました。

2004年
新メンバーの勧誘も行うようになり、有志団体から演劇サークルへと変化していきます。
この年の文三劇場公演では参加団体の中でトップの動員数を記録。

2005年
第6回公演を文三劇場の一部としてではなく、劇団の独自公演として上演しました。

2009年
東京大学教養学部学友会に加盟しました。

2014年〜
9月に駒場小空間(東京大学駒場キャンパス内の多目的ホール)で行う本公演と、3月に一般の小劇場で行う春公演を中心に活動しています。

劇団Radishブログ

劇団Radishブログ

劇団Twitterアカウント

@gekidan_radish

お問い合わせ

gekidan.radish★gmail.com
★→@にして送信してください。

inserted by FC2 system